こころすべすべになる日々の暮らし

ちょっとした事でイライラと心ささくれだってしまう。 もっと日々の暮らしを大事にして、ちょっと良いことを見つけて、 こころすべすべな毎日を送りたい。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

そらきりん読書メーター***2月のまとめ*** :: 2014/03/09(Sun)

2月は、10冊。結構読んだな♪

しかし・・・ハリポタは、上下巻で一冊の扱い。

うむむむ・・・そうなんだ


2014年2月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:4035ページ
ナイス数:81ナイス

モップの精は深夜に現れる (ジョイ・ノベルス)モップの精は深夜に現れる (ジョイ・ノベルス)感想
大介が出てこないので、初めは物足りない気がしたけど、あっとう間に、楽しく読み終わって、満足。キリコちゃんが、素晴らしすぎる!大介なしでも、全然OKでした。かえって、一番最後の章の大介に、イラっときてしまった^^;
読了日:2月6日 著者:近藤史恵
ディズニー サービスの神様が教えてくれたことディズニー サービスの神様が教えてくれたこと感想
思ったより、さらっとした印象。短かったからかな。でも泣いた。
読了日:2月6日 著者:鎌田洋
れんげ荘 (ハルキ文庫 む 2-3)れんげ荘 (ハルキ文庫 む 2-3)感想
面白かった!主人公の年は、私とひとつ違い。私はキャリアウーマンではなく、普通の主婦だけど、「働かないで、日々を丁寧に暮す」ことにあこがれる・・・そして、自分で言うのもなんだけど、真面目なので、最初の頃のキョウコの葛藤が、非常に共感できる。あと、お母さん・・・・あれほどひどくはないけど、私の母も近い所がある。お兄さん、偉いわ~。
読了日:2月8日 著者:群ようこ
白いへび眠る島白いへび眠る島感想
最後の「出発の夜」が、すごく良くて、「ああ、しをんさんは、ここを言いたくてこの本を書いたんだな」と、余韻にひたりつつ、よく見たら、「出発の夜」は、文庫版のみ書き下ろしされたところだったのですね。普段は単行本ばかり読むけど、これは、文庫版で読んで良かった!光市くんが、すごく良かった。
読了日:2月14日 著者:三浦しをん
働かないの―れんげ荘物語働かないの―れんげ荘物語感想
数年たっても、変わらない生活のキョウコに、ほっとした。達観してきているようで、やっぱり、色々と思い悩んでしまうところにも、共感。刺繍教室に通っているマダムに「自分の暮しのことを言うのは、全然構わないけど、理解はしてもらえないと思う」という所に深くうなずく。またキョウコの5年後とかが、読みたい。
読了日:2月15日 著者:群ようこ
モップの魔女は呪文を知ってる (ジョイ・ノベルス)モップの魔女は呪文を知ってる (ジョイ・ノベルス)感想
やっぱり、キリコちゃんは、いいわ~♪キリコちゃんが、どしゃ降りにあってるときに、大介は何やってんだ!と、腹立たしかったが、今回出てなくて良かったのかも。次の続編も楽しみ!
読了日:2月20日 著者:近藤史恵
毎日がときめく片づけの魔法毎日がときめく片づけの魔法感想
しばらく前に読んだのに、登録を忘れていた。こんまり先生(とても尊敬しているので、敬称つき)3冊目。一冊目が、片づけ理論。二冊目が、実践編・・・ときて、今回の三冊目は、精神的なもの。自分が幸せに暮すためには、どうすればよのかを、深く考えさせる本。とても良かったです。
読了日:2月20日 著者:近藤麻理恵
親の家を片づける―ある日突然、膨大な老親の荷物や家の整理と処分が、あなたの身に降りかかってきたら、どうしますか? (ゆうゆう特別編集)親の家を片づける―ある日突然、膨大な老親の荷物や家の整理と処分が、あなたの身に降りかかってきたら、どうしますか? (ゆうゆう特別編集)感想
怖い・・・すごく怖い。冬に読むモノじゃない(怪談か!)。私は一人っ子なので、実家の片づけは、私一人が、やる・・・しかない。実家の両親に読んでもらいたい・・・けど、絶対読まないだろう。
読了日:2月22日 著者:
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)感想
再読。前回読んだときは、最後のダンブルドアの死が、衝撃すぎて、あとの部分の、印象がなかったので、今回じっくり読めて良かった。最初の頃、ロンが大好きだったけど、今では、「ロンのどこがいいの?ハーマイオニー」と、思うほど。大好きなのは、やっぱりマクゴナガル先生。「ダンブルドアが死んだこんな時に、そんな話をするなんて!」と憤るルーピンに「この世に愛がひとつ増えたと知ったら、ダンブルドアはお喜びになることでしょう」と、そっけなくお祝い(?)を、言うところとか、最高♪
読了日:2月26日 著者:J.K.ローリング
「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)感想
再読。前回の初読みの後、映画を見たので、ネビルの強さを映画で描いてくれなかったことが、不満。再読で映画も見た後で、話の内容はわかっているのに、読む手を止められなかった。すごいハリポタ。改めて読むと、「会話」が、好きなんだと思った。最悪の状況でも、「ププッ」と、吹き出してしまうような、セリフ。伊坂幸太郎の小説にも似た・・。翻訳もので、これだけ「言葉」を楽しめるとは。訳者に感謝。
読了日:2月27日 著者:J.K.ローリング

読書メーター



久しぶりに、結構本を読んだ月だったのに、印象に残っているのは、ハリーポッターばかり^^;
再読にもかかわらず、何度も繰り返し読んでしまった。

私のハリポタの好きな登場人物・・・勝手にランキング!

1位・・・・マクゴナガル先生
(ネビルが、変身術をやめて、呪文学を取る場面が大好き♪)

2位・・・・ルーピン
(トンクスも大好きだった・・・幸せになってほしかったのに~!)

3位・・・・ハーマイオニーとルーナ
(ルーナの不思議ちゃんな感じが、素敵な味わい。ハーマイオニーは、本当に優しいと思う。)

  1. 本を読みました
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<花粉症が治った人。 | top | 桃の節句>>


comment

私の一位はスネイプ♪
誰がなんと言おうとスネイプ(笑)
彼のラストは泣けました・・・
二位はシリウス・ブラック♪
三位はダンブルドアかな~笑
ほんと面白いよね。
私もまた再読しようかな♪
  1. 2014/03/09(Sun) 14:38:50 |
  2. URL |
  3. ラブラブラッキー #Jtcj8rf6
  4. [ 編集 ]

ラブラブラッキーさんへ

ラブちゃん、死の秘宝より前から、スネイプ好きだったんだよね・・・すごいわv-392
本当に彼のラストは、涙、涙だったね!!
というか、シリーズ全体の影の「主役」だったね・・・。
二位はシリウスか~。人の好みもそれぞれで、面白いね♪
ダンブルドア、私も大好き!

再読・・・良いと思うけど、私、ハリポタ読んでると日常生活に影響が出る感じ・・・夢中になりすぎて^^;

  1. 2014/03/10(Mon) 06:24:57 |
  2. URL |
  3. そらきりん #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotatukirin.blog90.fc2.com/tb.php/952-8b5296ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。