こころすべすべになる日々の暮らし

ちょっとした事でイライラと心ささくれだってしまう。 もっと日々の暮らしを大事にして、ちょっと良いことを見つけて、 こころすべすべな毎日を送りたい。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

鎌倉***甘縄神明宮(あまなわしんめいぐう)*** :: 2012/03/09(Fri)

鎌倉スワニーへ行った、次の、次の日。

また鎌倉へ行ってしまいました・・・こんどは、一人鎌倉です。



今回の鎌倉歩きは、ここから、スタートです↓↓↓

甘縄神明宮 001

↑↑↑(ハトサブレで有名な)豊島屋本店の、シャッターです。

鳩さんが竹馬のって、可愛い~

・・・・・。

10時10分に鎌倉ついて、第一の目的地・・・「拭う・若宮大路店」へ行ったら、開店前

ちょっと戻って、豊島屋のお店の前のベンチに座って、ぼーっとしてました^^;

ちなみに・・・豊島屋は、9時開店。本日水曜日は、定休日なのでした



手ぬぐい屋さん「拭う」は、二の鳥居店も、若宮大路店も、

10時30分開店(←平日。休日は10時開店)です!!!気をつけましょう


拭う・若宮大路店での、目的は、これ↓↓↓

甘縄神明宮 036

前に行った時に、「ダイレクトメール希望」で、住所など記入しておいたら、ハガキがきて・・・

その葉書を持参すると、「二の鳥居店3周年」記念で、この手ぬぐいが、もらえるのです~


もちろんお店へいったからには、手ぬぐいも買いますよ~!


可愛い手ぬぐいに、あれもこれもと、目移りしたけど・・・

結局、買ったのは・・・これ↓↓↓

甘縄神明宮 037

市松


目的が、1号のお弁当包みの洗い替え・・・だったので渋く^^;

でも、やわらかい四角が、なんか好きだな~と、思ってます


それから、江ノ電にのって、「由比が浜駅」へ。


由比ガ浜駅でおりて・・・・ここで痛恨のミス!!!!


本日のメインの目的地「甘縄神明宮」へ、むかってしまったのです


「甘縄神明宮」だったら、長谷駅の方が近いのに、わざわざ由比ガ浜駅で降りたのは・・・

生麩のお店「麩帆(ふはん)」で、麩まんじゅうを買いたかったから、なのに~~~


この時は、そうとはしらず、住宅街の中を、麩帆とは反対方向へ、のんびり歩く、そらきりん。(←ばかばか~!)



しばらく歩くと「鎌倉市長谷子ども会館」が、あります↓↓↓

甘縄神明宮 004

昔の人の、豪邸が、地域の子ども会館として、使われています。

甘縄神明宮 005

地域の会館なので、内部の見学は、不可!

外からチラッと見える、レトロな照明が素敵・・・中、見たい~^^;

・・・・と、思ってたら、小さな子供を連れた、親子が入っていきました・・・。

うらやましいぞ!鎌倉市民!!

甘縄神明宮 007

↑横から。

維持費も大変だろうけど、こんな素敵な洋館、ずっと残してほしいです。



ここから、少し歩いて・・・・気づきました

「おまんじゅう、買い忘れた~。ああ・・・食後の甘いもの・・・


おバカな自分を責めつつ・・・甘縄神明宮へ向かいます。


住宅街の中に鳥居出現。

甘縄神明宮 008

鎌倉最古の神社「甘縄神明宮(あまなわしんめいぐう)」です。

甘縄神明宮 017

石段を登りきって振り返った景色↓↓↓

甘縄神明宮 011

遠くに海(曇っていて、良くわからなかったけど、たぶん^^;)が見えます。



では、お昼にしましょう~♪

甘縄神明宮 016

木のベンチがあって、こんな景色を眺めながら、おにぎりを食べました。

甘縄神明宮


御霊神社も、八雲神社もそうだけど、背景に木々を背負った、鎌倉の小さな神社が、大好き

そういえば、この3つの神社・・・・どこも境内に大きな木があるな~・・・。



甘縄神明宮 014

お守りを売る売店もない、小さな神社だけど、甘縄神明宮も、すごく好きでした



ああ・・・それにしても、おにぎり後に、甘いもの・・・食べたかった~


鎌倉歩き・・・続きます^^;



  1. 鎌倉へ行きたい
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<鎌倉***光則寺*江ノ電の珈琲屋さん** | top | 鎌倉***イワタコーヒー***>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotatukirin.blog90.fc2.com/tb.php/732-ad0b5dae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。