こころすべすべになる日々の暮らし

ちょっとした事でイライラと心ささくれだってしまう。 もっと日々の暮らしを大事にして、ちょっと良いことを見つけて、 こころすべすべな毎日を送りたい。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

そらきりん読書メーター***6月のまとめ*** :: 2011/07/04(Mon)

6月は、2冊。

すくなっ^^;

しかし、しかし、ずっしりと重い、読み応えのある、2冊でした。


↓下のコメントは、読み終わった時に、書いているものです。


6月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:460ページ

僕は、そして僕たちはどう生きるか僕は、そして僕たちはどう生きるか
草と土。古い家。理解ある年配者。うんうん、私も「ドッキリ」が、嫌だと思ってたんだ~・・・・と、ワクワク楽しく読んだのは、最初の頃まで。私のうすっぺらな考えに、ガツンガツンと、たたかれるような衝撃。どんどん深い思いへ、引きずられていきます。色々思いがうずまいて、上手く感想が出てこないのですが。今6月。でも、今年のベスト1の本になる予感。ただ・・・表紙の「スクールイス」は、ちょっと違う気がしてしまう・・・。
読了日:06月10日 著者:梨木 香歩
人間失格 (新潮文庫 (た-2-5))人間失格 (新潮文庫 (た-2-5))
「人間失格」を読んで、笑うところがあるとは、思わなかった!思わずウケてしまった所→「女が急に泣きだしたりした場合、何か甘いものを手渡してやると、それを食べて機嫌を直すという事だけは、幼い時から、自分の経験に依って知っていました。」真理です。大人の男性でもわかってない人が、多いなか、幼いころから、これを実行してたとは!さすが!!優しかったんだろうな~・・・女の人に。すべての人に、か。堀木がきらい。
読了日:06月29日 著者:太宰 治

読書メーター




どちらかといえば、軽い本が好き。

読み終わって「明日も、がんばろう」と、自然に思える本が好き。



だから・・・・

「人間失格」を、読む日がくるとは、思わなかった~^^;

あまりにも、有名なこの本。

新潮文庫の「中学生に読んで欲しい30冊」という、小冊子の中にあったというので、1号が借りてきました。

あまりにも有名なので(くどいか^^;)、私は読んだことあるんじゃなかったっけ?・・・なんて本を読みだしたら・・・まったく読んでいなかったことが、判明!

人間失格の主人公の生涯は、名前は違っても、太宰の生涯と、イコールだと思っていたんです。

人間失格の主人公、小説家じゃなくて、漫画家だし!

・・・・なんてことから、衝撃をうけてる、無知な私^^;


読み終わった日の夜の、私の夢は、【「明日どうやって、自分は死のう」と、考えているばかりいる】というものでした。

寝ても疲れた^^;





そして・・・この本↓こそ、「中学生に読んで欲しい30冊」に、入れた方が良いと思う、一冊。



14歳の男の子の、ある一日。

「一日の出来事かよっ」と、つっこみたくなるほどの・・・内容と重さ。

著者の梨木さんは、怒っている・・・猛烈に怒っていて・・・書かずには、いられなかったんだろうな・・・と、思った・・・。

すました顔をした一冊の本の、恐ろしい闇。

実際に、その本があるのだと、読書メーターで知りました。


感想を・・・書くのは、本当に難しい。


読み終わった後・・・・素晴らしい本だ、と思ったのに・・・読み返せなかった。

子どもたちの傷に、また触れるのかと思うと・・・。

でも・・・一度しか読んでないけど、すごくすごく心に残っている。




この2冊。

「中学生に読んで欲しい」本なのかもしれないけど・・・

この本読んで「わかる」と思う子は・・・今、毎日がキツイんじゃないかと、思う・・・。

梨木香歩さんの、するどいナイフのような厳しさの中の・・・・深い深いやさしさが・・・少しでも救いに、なりますように・・・・。







  1. 本を読みました
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<ハンドメイド♪フリフリシュシュ♪ | top | ティッシュケース付きポーチを、作りました。>>


comment

梨木香歩さんの、
「西の魔女が死んだ」を読み、DVDを見て、すっかりファンになった私。
この本読んで見ます。
・・・って、図書館で予約したら、
20人待ちでした(涙。
  1. 2011/07/04(Mon) 23:53:13 |
  2. URL |
  3. chirame #-
  4. [ 編集 ]

忘れられない言葉

『人間失格』読んでません。
 忘れもしない中学時代、国語の先生が言った言葉。
「『人間失格は』読むな。オレは多感な時期にこれを読んだら、考え過ぎて
 頭がおかしくなって、抜け出すのに大変だった。だから皆には読んで欲しくない。」

これが心に残って、現在まで遠ざけています。
でも、どんな内容なのかずっと気になり続けています。

今度教えてね!
  1. 2011/07/05(Tue) 08:10:40 |
  2. URL |
  3. ひとりさんぽ #nCC.Lt1U
  4. [ 編集 ]

chirameさんへ

> 「西の魔女が死んだ」を読み、DVDを見て、すっかりファンになった私。
「西の魔女が死んだ」私も、だ~い好きですv-343
DVD見たい見たいと思いつつ・・・まだかなわず^^;

> この本読んで見ます。
この本の感想・・・もっと、色々書きたかったのですが・・・まとまらず^^;
なんだか、よくわからないものに、なってしまったのに、そう言ってもらえて嬉しいですv-398
読んでから、気づいた・・というか、読書メーターで知った・・・のですが、この本の、ある登場人物と、梨木さんの本の登場人物が、リンクしてます。
読んでた時は、全然気づかなかった~~v-356
  1. 2011/07/07(Thu) 11:45:38 |
  2. URL |
  3. そらきりん #-
  4. [ 編集 ]

ひとりさんぽさんへ

国語の先生・・・いいの?そんなこと言っちゃって^^;て、感じだね。
先生の感受性が、ほんとに豊かだったのだと、思うわ。
一号は読んだけど「???」という感じだったみたいよ。
女の人の所を転々としながら、堕落していく人生の話だからね^^;

意外なほど、読みやすかったし、そのあと「暗さ」を引きずることもなかった私は(夢には、出てきたけど)、「読んでみたら?」と、おすすめできます^^。
「僕は、そして・・・」の方が、私にとっては、深く考えさせられる内容だったので・・・こちらの方が、「読んでみたら?」と、誰にもかれにも勧める・・・ということが、できません。

  1. 2011/07/07(Thu) 12:01:03 |
  2. URL |
  3. そらきりん #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotatukirin.blog90.fc2.com/tb.php/654-e550aedf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。