こころすべすべになる日々の暮らし

ちょっとした事でイライラと心ささくれだってしまう。 もっと日々の暮らしを大事にして、ちょっと良いことを見つけて、 こころすべすべな毎日を送りたい。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

「獣の奏者」を、読んだあなたへ :: 2010/10/12(Tue)

ほぼ、1年前。2009年10月28日の、朝日新聞朝刊。

「獣の奏者」(全4巻・外伝1巻)の著者・上橋菜穂子さんへの、インタビュー記事がのっています。

この記事を、ずっと保存していて、ときどき、読み返します。


この新聞記事をきっかけに、「獣の奏者」は、4巻読みました。
獣の奏者 (1(闘蛇編))

獣の奏者 (1(闘蛇編))

価格:1,575円(税込、送料別)



10歳で母を失い、獣の医術師となったエリンが、王国の政権争いに巻き込まれていく、お話。

エリンの過酷な運命に、ハラハラしながら、ページをめくったものですが、

私は、このシリーズを読んで、一番心打たれたのは、

実は、本の中ではなく・・・・・

新聞記事にあった、「獣の奏者」シリーズを読んだ、小学校6年生の女の子の感想でした。



小6の女の子が、著者にあてた手紙の一文↓↓↓

「これから先、どんなに悲しい事があっても、それを別なものに変えてみせます。」





記事を思い出すたびに、胸がつまる。




1年前、小学6年生の女の子だった、あなたへ。

あなたが、どうか今、悲しい思いをしていませんように。

私は、つらいことがあると、簡単に心折れてしまうのだけど・・・

「別なものに変えてみせます。」と言いきった、あなたに

「恥ずかしくないように、なりたい。」って、アラフォーの私は、思いました。

小6のあなたに、それが出来るなら、

「私にも、出来るはず。」って、思えます。

ありがとうね。

がんばるよ。



     どんなに悲しいことがあっても、それを別なものに変えてみせます。








  1. すべすべになる
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<1号の卒業式の服 | top | つぎはぎシーツ>>


comment

この本は読んでいませんが、
小6の女の子の力強いその意志に心を打たれ、胸が高鳴りました。
いつでも読み返せすことが出来るように携帯のメモ欄に転記したので、
これからたまに読み返して勇気をもらおうと思います。

彼女には輝かしい未来が待っている・・絶対に!
いや、自分の力で切り開いていくのでしょうね。
  1. 2010/10/13(Wed) 07:30:34 |
  2. URL |
  3. ひとりさんぽ #nCC.Lt1U
  4. [ 編集 ]

ひとりさんぽさんへ

著者も、この女の子の言葉に「つらいことに正面から向き合おうとする気概に心が震えた。」とありました。

小学校6年生の女の子が、この言葉にたどり着くまでの思いを、考えると、胸が締め付けられるよう・・。

でも、ひとりさんぽさんの言うように、彼女はきっと、自分の力で、素晴らしい未来を切り開いていける・・・と、私も信じてますっv-352
  1. 2010/10/14(Thu) 10:26:06 |
  2. URL |
  3. そらきりん #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotatukirin.blog90.fc2.com/tb.php/553-d3034763
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。