こころすべすべになる日々の暮らし

ちょっとした事でイライラと心ささくれだってしまう。 もっと日々の暮らしを大事にして、ちょっと良いことを見つけて、 こころすべすべな毎日を送りたい。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

そらきりん読書メーター***10月のまとめ*** :: 2009/11/09(Mon)

10月の、小説。5冊。これでも、読んだ方だと思う。

9月の16冊は、異常だったんだ。・・・・異常^^;??異例か・・・。

どうして、あんなに読めたのか。読もうとしたのか。今思うと・・・・不思議



そらきりん、10月の読書メーターです↓↓↓
本の横のコメントは、読み終わった当時、書きこみしたものです。


10月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1106ページ

わたしのマトカわたしのマトカ
これを読んで、映画「かもめ食堂」の、シナモンロールの、意味がわかった。フィンランド人のおふくろの味だったとは。食に貪欲な、はいりさん。魅力的♪
読了日:10月20日 著者:片桐 はいり
あたり―魚信あたり―魚信
一番良かった二話目の雷魚。奇跡は、おこるものでも、出会うのものでもなく、「気づくものなのだ。」ということ。胸にしみました。
読了日:10月15日 著者:山本 甲士
嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)
「たしかに、社会の変動に自分の運命が翻弄されることなんてことはなかった。それを幸せと呼ぶなら、幸せは、私のような物事を深く考えない、他人に対する想像力の乏しい人間を作りやすいのかもね。」と、私なんかよりずっと運命に立ち向かっている、著者の言葉。それに答えたガイドの青年のやさしさ。自分とは関係ないおもりを、つぶれそうになりながら背負い続けいている子供たちがいること。忘れないようにしたい。
読了日:10月04日 著者:米原 万里
板谷バカ三代 (角川文庫)板谷バカ三代 (角川文庫)
図書館からかりておいたら、長男が(5年生)が、先に読んだ。けらけら笑いながら。いいのか。バカになるぞ。いや、こんなバカでも生きていけると、人生に希望を持つか。・・・いいのか。
読了日:10月02日 著者:ゲッツ板谷,西原 理恵子
乳と卵乳と卵
読み終わって。表紙を見て。ああ・・・乳、と、卵、だ。確かに。絶対に。納得。
読了日:10月01日 著者:川上 未映子

読書メーター


この中で、「もう一度、読み返したい」と、一番思ったのは、山本甲士著「あたり」です。

連作短編になっている、2話目(全部で6話)。「雷魚」という、お話がとても、良かった。

実は・・・6話ある短編の中でも、この「雷魚(らいぎょ)」は、始まりが一番とっかかりにくく・・・
最初の2ページを、3回ぐらい読みなおしました^^;頭に入ってこなくて・・・


でも、最後の数ページの、思っていたことが、良い意味でひっくり返った・・・後味のすがすがしさ


「奇跡」は、やってくるものでも、出会うものでも、ない。

「奇跡」は、「気づく、ものなのだ」ということ。

「奇跡」に、気づけるか、どうか。


「雷魚」の主人公のように、「奇跡に、気づける人」に、なりたい。





9月の「読んだ本の数」は、「異常」ではなくて・・・・・「奇跡」だったのかも



  1. すべすべになる
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<雨の日のロールケーキ | top | 月見しゃけ>>


comment

>「奇跡」は、「気づく、ものなのだ」ということ。
深い言葉ですね~。
気づける人間になりたいものです。。。

片桐はいりさんの「わたしのマトカ」、私も読みたいです!かもめ食堂のシナモンロールがフィンランドのおふくろの味だなんて。あぁ、もっと知りたい!!

私も読書メーターのまとめ、やってみようかしらん。
  1. 2009/11/10(Tue) 21:41:02 |
  2. URL |
  3. さおり #-
  4. [ 編集 ]

読書量ってコンディションに左右されますよね。
あと何冊にもなっているシリーズにはまったり。
去年は塩野七生さんの「ローマ人の物語」
にはまっていたので膨大な読書量でしたが
今年はぼちぼちです。(汗)
毎週とる「アエラ」がけっこう興味深い記事が
多いです。

三人のお子さんの子育てがありながら
そろきりんさん立派です。尊敬します!
  1. 2009/11/11(Wed) 12:07:47 |
  2. URL |
  3. けい #qcsrN/5E
  4. [ 編集 ]

さおりさんへ

気付ける人間に・・・・私もそう、願うのですが・・・なかなか難しいですよね・・・^^;

「わたしのマトカ」面白かったですよv-411
「かもめ食堂撮影話」は、ひかえめですが、トンミ君との、からみとか・・・笑えます^^!
そのほかの、「はいりさん、フィンランド体あたり!!」の、お話が可笑しくてv-398

さおりさんも、「読書メーターまとめ」ぜひやってください♪
ときどき、さおりさんの読書メーターのぞいては、
「ああ、これ面白そう。この本、どうだったかな?」と、気になっているのですv-410
  1. 2009/11/12(Thu) 10:32:00 |
  2. URL |
  3. そらきりん #-
  4. [ 編集 ]

けいさんへ

尊敬なんて・・・とんでもないですv-222v-356
けいさんのほうが、難しい本、読んでますよ~v-391
新聞や雑誌も「心にぐっ」と来る話、ありますよね。

小説は、物語を受け止める心の準備ができていないと、読めないような気がします。
エッセイは、いつでもOKなのですが・・・。
今月は、小説、まだ一冊も読んでいないのですi-229
  1. 2009/11/12(Thu) 10:38:50 |
  2. URL |
  3. そらきりん #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotatukirin.blog90.fc2.com/tb.php/428-9e0d3087
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。