こころすべすべになる日々の暮らし

ちょっとした事でイライラと心ささくれだってしまう。 もっと日々の暮らしを大事にして、ちょっと良いことを見つけて、 こころすべすべな毎日を送りたい。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

読書…やっぱり梨木香歩は素晴らしい :: 2008/04/03(Thu)

20080403000702
後読感…どんより。。。(〃_ _)σ∥の、二冊の後。
「あなたこそは」と、すがる思いで読んだ梨木香歩著「西の魔女が死んだ」。

期待どおり…いえ、期待以上。
ジャムを煮たり、布巾をお鍋で煮沸したり…暮らしのこまごまを、大切に思いながら生きていくのも、ありですよ。
と、背中をポンポン叩いてもらった気分です。
はぁ…良かった(*^_^*)

中学生になったばかりの女の子が、おばあちゃんちで暮らした一ヶ月の出来事が綴られています。

印象に残った文章の一つ。

【「まい(女の子の名)の言っていることが事実と違うことだといって非難しているのではないのです。(中略)
大事なことは、今更究明しても取り返しようもない事実ではなくて、いま、現在のまいの心が、疑惑とか憎悪とかいったもので支配されつつあるということなのです」
(中略)
「そういうエネルギーの動きは、ひどく人を疲れさせると思いませんか?」】

そう。自分を傷つけた相手を非難する。「あんなひどい事を言う。こんなひどい事をする。」その思いに囚われてしまう。
そんな時の

  1. 本を読みました
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<「西の魔女が死んだ」感想―続き | top | 読書…不完全燃焼>>


comment

うん(^-^)
この本はとても好きでした。
そらきりんさんが感じたこと、わかりますよ♪

この本、友人の娘さんにプレゼントしました。中学生活に疲れて、行けなくなっていたのです。とっても明るくやさしいいい子なのに…。
いえ、だからかもしれないね。学校は大人が思うよりずっとぴりぴり緊張するところのようです。
  1. 2008/04/03(Thu) 00:22:36 |
  2. URL |
  3. 一個 #rih7W7xA
  4. [ 編集 ]

一個さんへ

私も中学生の時に、この本に出会いたかった!
お友達の娘さん…救われる、まではいかなくとも、少し楽になったのではないでしょうか(;_;)
私にとっても中学、高校は…楽しい事もあったけど…戻りたくない、場所です。
  1. 2008/04/03(Thu) 22:04:59 |
  2. URL |
  3. そらきりん #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotatukirin.blog90.fc2.com/tb.php/201-2d21c0e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。