こころすべすべになる日々の暮らし

ちょっとした事でイライラと心ささくれだってしまう。 もっと日々の暮らしを大事にして、ちょっと良いことを見つけて、 こころすべすべな毎日を送りたい。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

そらきりん読書メーター***7月のまとめ*** :: 2014/08/17(Sun)

「今月、全然本を読んでない!」と、思ったのは、7月後半。
これでは、「月に6冊」の、目標は越えられないと、あせる。

しかし!救世主登場!!その名も、猫弁!!!

2014年7月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1994ページ
ナイス数:101ナイス

あずかりやさん (一般書)あずかりやさん (一般書)感想
著者の本、三冊目。前に読んだ「猫弁」「イーヨくん」もすごく良かったけど、私はこの本が、一番好き!私は人のお家の、モノを片づける仕事をしているので、「人とモノとのつながり」には、いつもココロくだいている。だから「ミスター・クリスティー」は、特に好き。モノが持ち主を思う気持ちに、声をあげて泣きたくなってしまうほど。大事にしたいと思えるモノを持ち、大切に使っていきたい。「モノ」が、語り部になっている話が多いのも、嬉しい。時間がこんなに早く流れないで、シリーズ化してほしかったな。この空間に、ずっとひたっていたい。
読了日:7月3日 著者:大山淳子
オール・ユー・ニード・イズ・ラブ 東京バンドワゴンオール・ユー・ニード・イズ・ラブ 東京バンドワゴン感想
新しい女性の登場人物が出るたびに、「この人が、ふじしまんの、お嫁さんに?!」と、ハラハラしていたけど、最近では、藤島さん本人が出てくるだけで「恋愛話?!!」と、ハラハラする。・・・ので、ふじしまんの登場は誰かの話題にでてくる・・・というのが、ちょうど良いかも・・・なんてどうでも良いことも楽しい、東京バンドワゴンシリーズ。
読了日:7月18日 著者:小路幸也
密やかな結晶 (講談社文庫)密やかな結晶 (講談社文庫)感想
う~ん・・・SFのよう。タイプライターの話は、まさに「薬指の標本」を思わせる。危ない危ない。おじいさんが好きだった。
読了日:7月20日 著者:小川洋子
警視庁幽霊係 (ノン・ノベル)警視庁幽霊係 (ノン・ノベル)感想
それは、禁じ手、というか、プロファイリングもいらないでしょ~
と思うけど、なかなか面白かった。シリーズモノのようなので、続きも読みたい。
読了日:7月26日 著者:天野頌子
猫弁と透明人間猫弁と透明人間感想
一作目より、好き。透明の母のセリフは、恐ろしく・・・そして、身につまされる。
読了日:7月26日 著者:大山淳子
猫弁と指輪物語猫弁と指輪物語感想
優しい人たちがいっぱい出てきて、嬉しい。大好き。
読了日:7月28日 著者:大山淳子
猫弁と少女探偵猫弁と少女探偵感想
七重さん・・・一冊目ではイライラさせられることも多かったけど、回を重ねるごとに、どんどん好きになる。美里さん・・・以下同文♪
読了日:7月30日 著者:大山淳子

読書メーター


「猫弁」シリーズのコメントは、短いけど、すっごく好きです。
一気に読み過ぎて、コメント書く時間がなかった。
一巻目より、巻を追うごとに、どんどん好きになっていく感じ

3巻目と4巻目を同時に、図書館から借りたのだけれど、
1号、間違えて、先に4巻を読んでしまった。
主人公とその恋人の中が、全然進展していないので
あまり違和感なかったらしい^^;

読メ情報によると、次の5巻で完結してしまうらしい。
え~ん
「東京バンドワゴン」シリーズみたいに、ずっと続いてほしいのに~


スポンサーサイト
  1. 本を読みました
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

3号、お誕生日 :: 2014/08/07(Thu)

もう8月になってしまったけど、7月に3号が、誕生日を迎えました。
え~と、え~と・・・何歳になったんだっけ^^;;;?
写真のローソクを数えてしまった↓↓↓

8歳でしたね。
8歳おめでとう~3号希望で、クリスマスケーキ用のサンタローソクも、使いました。
飾り付けも、3号。
兄たちも大きくなって、家族全員夜にそろうのは、難しいのだけれど、
3号が、「みんないるときに、ケーキ!」というので、
「そんな日があるのか?」と、ハラハラしつつ、なんとか全員そろって、ケーキが食べられました。良かった!


最近、ずっととってあった「ビーズ手作り材料」に、ときめかなくなったことに気がついたので、
前から欲しがっていた、3号にすべてあげることにしました。
そうしたら、3号のビーズ作業の仕方の、美しいこと


ビーズを、綺麗に並べて、道具も、取りやすい位置にスタンバイ。
3角トレ―の、きっちりした並べ方に・・・・
「誰に似たのか、全然わからない」と、不思議に思う母なのでした。



  1. こども
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

夏の夜の怖い話 :: 2014/08/03(Sun)

私は、怖い話などは、大の苦手なので、避けて通ってますが、
どうしても、さけられない、夏の夜の恐怖と言えば、こちら↓↓↓

ごきげんよう おひさしぶり

ゴキブリです
伊坂幸太郎の小説で、名前を出すのも嫌だという、登場人物がいて、
ゴキ●リ(私も、書きたくない・・・)のことを、「あの、ごきげんようおひさしぶり、ね。」と、言っていました。

気持ちがよ~くわかります。

突然ですが、我が家は、5人家族。
私以外は、全員、男。
つまり、女一人と、男が4人。

そして、そしてですよ!

私よりも、背が高い男が3人も、我が家にいながら、
ゴキ●リを、退治するのは、いつも、という事実!!!


なんということ!
あ~。怖い。怖いわ~




  1. 日々の出来事など
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。