こころすべすべになる日々の暮らし

ちょっとした事でイライラと心ささくれだってしまう。 もっと日々の暮らしを大事にして、ちょっと良いことを見つけて、 こころすべすべな毎日を送りたい。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

ブロークン・ボーン :: 2014/06/21(Sat)

2号(中学1年生)、骨折いたしました。(BGMは、セカオワのブロークン・ボーンで♪)

バスケットゴールで遊んでいて、ウデに、ヒビが入りました。

「ヒビ・・・骨折じゃなくて、良かった♪」と、私が言ったら、
「お母さん。骨が折れても、ヒビが入っても、両方骨折って、言うの!」と、整形外科の先生に言われました^^;
へ~。

右利きなのに、右を骨折したものだから、お箸使えず、字も書きづらそう

生まれて初めての中間テストがあるのに、「字が書けね~!!」と、あせっておりました。


骨折、といえば。

1号(今は、高校1年)が、3歳・・・か、4歳だかに、やはり腕を骨折しました。
この時は、まさに、ぼっきり!
腕のまっすぐな所が、信じられない風に、曲がっていました。

ギブスが取れてすぐ・・・・また、同じ所を骨折しました

またしても、ありえないところで、腕が曲がっている1号。
真っ青な私。

パニックに陥った母を、落ち着かせようと思ったのか、

骨折した瞬間、泣きもせず、
「大丈夫だから。かあちゃん、大丈夫だから」と、言いました。

大丈夫って・・・ありえない曲がり方してるウデかかえた4歳児が
泣きもせず、かあちゃん、大丈夫だからって。

うう・・・っ泣けるよ、1号。



・・・・・と、こんな良い話を、2号の骨折姿を見るまで、すっかり忘れていた私


1号って、ほんっと、人の気持ちが、わからない!イライラする!!
・・・・と、思うことの多い、最近だけれども・・・。

思い出せて、良かったよ。




スポンサーサイト
  1. こども
  2. | trackback:0
  3. | comment:3

パンダとマスク :: 2014/06/07(Sat)

久しぶりに、3号が、発熱。

お気に入りのパンダに、マスクをつけて、自分もマスク↓↓↓



「写真取るよ~」と言ったら、寝てる演技↑をしていた3号でした。


  1. こども
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

そらきりん読書メーター***5月のまとめ*** :: 2014/06/01(Sun)

5月に読んだ本の、まとめです^^♪

5月も「月に6冊読もう!」の、目標を、クリア

・・・とういか、最初の2冊以降、全然本が読めなくて、
図書館で「読めなくても、借りよう!」と、たくさん借りてみたら・・・読めた。

マンガの入った本に手をつけたら、その後、どんどん読めました*^^*


2014年5月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1382ページ
ナイス数:104ナイス

美雪晴れ―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)美雪晴れ―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)感想
つらすぎる出来事に、胸痛めることもない、平和な9巻。良かった。だけど、「次の巻で終わってしまう」ということに、胸が痛い。
読了日:5月1日 著者:高田郁
ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)感想
最後のエピローグを読んで、最初のプロローグと人物が違うことに気づいて、びっくり。そうきたか~!初めのプロローグ読んだ後、思わず本文飛ばして、エピローグ読んでしまおうかと思ったけど・・・読まなくて良かった^^;テレビドラマの登場人物で、一番原作イメージ通りだと思えるのが、安田成美のお母さん。上手かった。自分も母として思うのは、自分の子どもに、差をつけすぎ!私は文ちゃんが大好きなので、可哀そう。とにかく、本は面白かった。そして、なんといっても、五浦くん、おめでとう~!!!
読了日:5月8日 著者:三上延
北欧のおいしい時間 デンマークのカフェから、ノルウェーの食堂まで (Hokuo Book)北欧のおいしい時間 デンマークのカフェから、ノルウェーの食堂まで (Hokuo Book)感想
カフェのたたずまいが、素敵過ぎる。デンマークのスーパーのキャラクター(?)、イヤマちゃんが、可愛すぎる。食器から、ミニ知識から色々・・・楽しすぎる♪
読了日:5月16日 著者:森百合子
督促OL業務日誌 ちょっとためになるお金の話督促OL業務日誌 ちょっとためになるお金の話感想
2弾目の本だったのね。「ちょっとためになる」というか「とてもためになりました」。返済が期限に間に合わない時でも、相談すれば、期限をのばしてくれたりするんですね~。「ブラックリストというものは、ない」というのも、知らなかった。
読了日:5月23日 著者:榎本まみ
仙台ぐらし仙台ぐらし感想
小説は、ずっと好きだったけど、エッセイを読むのは、初。小説のように、「ふっ」と笑えた前半。お子さん、いるのか~。短編小説の、シールのくだり。当事者でもないのに、おこがましいのだけど・・・なんか、わかる・・・と、思った。しっかりついていたシールを綺麗に剥がして、貼り直す難しさ。
読了日:5月28日 著者:伊坂幸太郎
人質の朗読会人質の朗読会感想
読み始めてすぐに、「こんな救いのない話をこれからずっと読まなければ、いけないのか!」と、思った。ところが。読むのは、つらくなかった。読み終わって・・・・救いはなかったかもしれないけど・・・救われない物語じゃなかった・・・と、思った。全然うまく感想が言えないのだけれど・・・。
読了日:5月30日 著者:小川洋子

読書メーター


本を、無理に読むことは、ない。
本を読む気持ちになれないことも、時間がない時も、ある。

でも。

やっぱり本を読めば「好きなことが、出来た」嬉しさで、胸がいっぱいになるのです

  1. 本を読みました
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。