こころすべすべになる日々の暮らし

ちょっとした事でイライラと心ささくれだってしまう。 もっと日々の暮らしを大事にして、ちょっと良いことを見つけて、 こころすべすべな毎日を送りたい。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

クッションフロアの汚れを取る :: 2013/11/29(Fri)

NHKの「あさイチ」という番組の、スーパー主婦の本を、読んでいたら、重層と石けん水を混ぜたペーストで、
ガスコンロやヤカンの焦げが良く落ちる!と、書いてあったので、実践。

強力な洗剤でも落ちなかった焦げが、綺麗に落ちました


すごいな~っと思って、ふと下に目線を落とすと・・・・
キッチン床のクッションフロアが、黒ずんでるのが、目にはいりました。

ふと、「ここも、落ちるかも?」と、重層ペーストを、塗って、しばらく置いてみました。

クッションフロアの汚れは、11年分の汚れが染み付いていて、
強い洗剤でも落ちなかったし、貼り替えるしかないと思っていて、期待していなかったのですが、

見事に、きれいになったのです!!!


素晴らしい!大変素晴らしい!!・・・・・・・・・・・けれども

黒ずんだクッションフロアに、20センチ四方だけが、ピカピカ・・・

逆に、周りの汚れが目立つ・・・し、変!


・・・というわけで、キッチンダイニング全体を、毎日少しずつ、きれいに磨いております。

スポンサーサイト
  1. しまう・かたづける
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

だいこん :: 2013/11/26(Tue)

我が家は、秦野の八百屋さんに、野菜を頼んで届けてもらっています。

大根を頼んだら・・・・すごいのが、届きました





一本のお値段で3本分?!

お得(?)

  1. ごはん
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

マイナス5才肌 :: 2013/11/20(Wed)

2号(小学6年生)が、テレビを見ながら、つぶやいた。

「マイナス5才肌でも、一緒じゃね?
 マイナス5才ぐらい変わっても、同じに見えるよ」


ファンデーションの、CM見てて、「マイナス5才になったって、
自分(11歳)からみたら、まったく変わらないオバサン」だと、いいたいらしい・・・。




人に若く見られたいわけでは、ない。(いや、若く見られたら嬉しいけど^^;)

綺麗な肌になったら、自分のテンションがアップするのだよ

このオンナゴコロは、11歳男子には、わからないだろうな~


綺麗な肌だと、嬉しい。80歳になっても、思うだろうな。



そんなオンナゴコロをおびやかす、乾燥の季節がやってきました。

この間、実家に帰ったときに、母が「化粧水が安く買えたの♪」と、一本持たせてくれました。

なんでも、いつも6000円するのが、半額で買えたそうで・・・。


そんな高い化粧水なんて、つけたことないわ・・・・と、ウキウキしながら使っていたら・・・

すごく・・・パサパサするんです・・・肌が

特に、朝と、夕方。



「ああ・・・こんな高い化粧水でも、乾燥の季節には、打ち勝てないのね」と、思ったのですが、

それにしても、こんなにパサパサすることないぐらいの、ひどさ。


もしかして・・・と、前に使っていた化粧水に戻したら・・・・

パサパサ感、なくなりました


前に使っていた化粧水って、私が手作りしている原価200円ぐらいのもの。

高い化粧水が、あわなかったのか・・・^^;?

添加物がダメだったのかな?


私が作っている化粧水は、すべて口にいれても、大丈夫なもので作られています。

精製水・・・・100ml
ウォッカ・・・小さじ2分の1
グリセリン・・小さじ2分の1
クエン酸・・・ほんの少し


これだけです。

あ、あと、好みのエッセンシャルオイルを、入れたり入れなかったり・・・。


しかし!今のこの乾燥の季節には、あるものを入れます♪

それは・・・・


はちみつです♪♪♪

蜂蜜を、ひとたらし・・・入れて、よく混ぜたもの。

肌がしっとりします^^。


そんなにしっとりするなら・・・蜂蜜、いっぱい入れたい!

と、思うオンナゴコロ

いっぱい入れると・・・・・カビます

(↑もちろん、やってみた^^;)

透明な化粧水に、フワフワした白いものが、漂ってしまいます。それが、カビなのです。

夏も、蜂蜜入れると、カビやすくなってしまいます


だから、秋冬限定の「はちみつ入り化粧水」なのです^^。


ほんと、肌がカサカサしませんよ~♪








  1. 日々の出来事など
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

閻魔(えんま)さまのお寺***鎌倉・円応寺(えんのうじ)*** :: 2013/11/15(Fri)

鎌倉へ、1号の高校見学へ行くついでに、お寺もひとつ、見学してきました

閻魔大王がご本尊様の円応寺です。


中の写真撮影は、禁止だったので、お堂だけ写真に。



あの、地獄の閻魔さまですよ~。



↑パンフレットの写真。運慶作と言われているそうです。



人が死んでから、三途の川をわたり、色々な裁きの結果、

何に生まれ変わるかが決定し、安楽を得るまで・・・の流れがわかります。


着物をはぎ取る婆から、罪を調べる王まで、色々役割分担制に、なっております。



三途の川って、・・・どうして、三途って、いうか知ってましたか?

川を渡る場所が、3か所あるからなんだそうです!(私は知らなかった・・・)

○川の深い所を渡る(罪を多く犯した人が渡る。着物はびしょびしょ)
○川の浅瀬を渡る(ほとんどの人が、ここ。着物の裾が塗れる。)
○川に掛けてある橋を渡る(生きているときに、すごく徳をつんだ人)


初七日、四十九日、一周忌、三回忌の意味。

良くしらなかったので・・・なるほど~と、思いながら、見ました。

亡くなっても、現生に残った血縁者の行いで、罪がゆるされることもあるそうで。


一番、驚いたのは、閻魔さまの、話。


閻魔さまは、人の罪がゆるせないから、人に罰を与えるのですが、
その罰を与えることが、そのまま閻魔さまの、罪になってしまうそうです(なんで?!)


そのため、一日に3回、この時ばかりは、地獄の鬼、亡者、が、閻魔さまを取り押さえ、
口から、灼熱の銅を流し込むのだそうです!

それは、針の山などの亡者たちの苦しみよりも、ずっと辛いものであるそうです。


閻魔さま・・・・ただ、怖いだけかと思ったら・・・そんな大変なことを・・

だから、閻魔さまが、人に罰を与えなくてすむよう、私たちは良い行いをしましょう・・・とう話。


・・・・それにしても、一日三回って・・・多すぎるでしょ




帰り道。


「お天道様が、見ているよ」という言葉を思い出しました。



  1. 鎌倉へ行きたい
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

そらきりん読書メーター***10月のまとめ*** :: 2013/11/10(Sun)

10月に読んだ本のまとめです^^。

本の横のコメントは、読んですぐに、書き込みしているものです。

「読書の秋」だというのに、あまり気持ちが、本へ向かない・・・。

と、思っていたけれど、先月は、7冊読んでいて、意外でした^^;


でも、「私が本へ気持ちが行かない時」って、小説が読めなくなるのが、よくわかりました。

7冊のうち、小説は2冊。

あとは、エッセー、実用書など。

ちょっと、心がザワザワする今年の秋、なんですよね~


2013年10月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1892ページ
ナイス数:42ナイス

運がよくなる風水収納&整理術運がよくなる風水収納&整理術感想
風水と片づけって、密接な関係だったのね。「風水イコール運が良くなるためのマニュアル」・・・という女性の著者の説明は、とてもわかりやすい。
読了日:10月1日 著者:李家幽竹
暦のある豊かな暮らし 運をひらく季節の作法暦のある豊かな暮らし 運をひらく季節の作法感想
最近、風水に興味があって、本を読むけど、こういう・・・なんというか、日本の風習・・・みたいな方が、やっぱりすごくなじみやすい感じ。イラストも可愛い。
読了日:10月8日 著者:西敏央
ガールガール感想
奥田さん、やっさしいな~~~。ほんと、働いてるとか、いないとか、子どもがいるとか、いないとか・・・そんなことで、対立するのって、もったいない。女だからこそ、わかるって、ある。私は生まれ変わっても、女になりたい。死ぬまで、ガールだ。
読了日:10月11日 著者:奥田英朗
恐怖の谷  シャーロック=ホームズ全集 (4)恐怖の谷 シャーロック=ホームズ全集 (4)感想
また!途中で事件の背景の話になってしまう。緋色の研究の時よりは、話自体が面白かったけど、やっぱり・・・なんというか、謎解きメインでお願いしたい。それに・・ほぼ今回の主人公といっていい人物が、最後にこんなって・・・。
読了日:10月14日 著者:コナン=ドイル
ガラクタ捨てれば未来がひらける (小学館文庫)ガラクタ捨てれば未来がひらける (小学館文庫)感想
前作を読んで、スペース・クリアリングを、やる気満々だったのだけど、実際の方法を読んだら、えらいハードルが高かった・・・。でも、空間を浄化するという考え方は、すごく良く分かるし、共感する。
読了日:10月18日 著者:カレン・キングストン
自分の体を好きになりたい  つれづれノート23 (角川文庫)自分の体を好きになりたい つれづれノート23 (角川文庫)感想
何がびっくりしたって、さく君が、「悪いと思っていない」というとこで、あとのすべての文が飛んでしまった感じ^^;でも、銀色さんの≪さくは今はまだ人と交流する喜びを知らないから、心の中に未開拓ゾーンがいっぱいあるはず。それは将来ひらくはず。≫の言葉が嬉しかった。うちの長男も、人と交流をもとうとしなくて、心配してる。・・・それは、将来、ひらくはず。きっと。
読了日:10月23日 著者:銀色夏生
とにかく散歩いたしましょうとにかく散歩いたしましょう感想
丁寧につづられるエッセイ。良かった。小説だと狂気と正気の境目に引きずられそうで、怖くなるけど、エッセイは結構、「ぷぷぷっ」と吹き出して笑うところもあって、楽しい。そういう、小川さんの可愛くて楽しい所も、小説で書いてほしいな~♪
読了日:10月28日 著者:小川洋子

読書メーター


シャーロックホームズが、懐かしくて、面白い。

「運がよくなる風水収納&整理術」に、「使わない食器は、健康運を下げる」とあったので、
それを、母に伝え、実家の食器棚を整理してきました



  1. 本を読みました
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

セカオワか、ロザンか… :: 2013/11/07(Thu)

毎日、「SEKAI NO OWARI」(世界の終り・・通称セカオワ)の曲を聞いている。


あまりにしつこく毎日聞いているので、「セカオワの曲、聞かないで!」と言っていた3号までもが、
セカオワのファンになった

(3号は、スターライトパレードがお気に入り♪)


この間富士急ハイランドで行われた、セカオワのコンサート・・・炎と森のカーニバル行きたかったな~・・・なんて話を2号としていたら、

2号に、「母ちゃん、そんなに好きなら、次のセカオワのコンサート行けば
?」
と言われた。

そらきりん「そうなんだよ~。行きたいんだよねぇ…今度、埼玉でコンサートあるんだよ。遠いよね~。」

2号「いいじゃん、行けば?」

そらきりん「そうお?でも、コンサートって、チケット高いんだよ~」

2号「いいんじゃない。こんなに好きなんだから。いくらするの?」

そらきりん「え~とね、7900円。」

2号「え・・・。」

そらきりん「家族みんなで、スシローにいけるんだよね…。」

2号「…………。(それは、やめてくれ母ちゃん)」



う~ん。やっぱり、コンサートは、ハードル高いよね


そんなことを思っていた先日。

コンビニに貼ってあったポスターに、目が釘付け

なんと!私の住む市のお隣に、ロザンが来るって

近い!チケットは3500円。セカオワに比べたら(比べるものなのか?)半額!!!

こんな近くに来るなんて、もう二度とない!

行こう!行くのだ、そらきりん



いつ?いつ?!!


2月15日土曜日!
土曜日なんて、ラッキー!
父ちゃんに子どもを預けて、行ける!


…あれ?ちょっと…

15日…2月…………って

1号、高校受験じゃない

試験日ではないけど、公立高校(第一志望!)の学科試験が14日。

17日月曜日に面接。18日火曜日が特色試験。

(今年は、土日を挟んで、試験が三日間ある


え~……………

どうしよう

「試験、どうだった?明日、母ちゃん、ロザンに会いに行くけど、しあさっての面接頑張ってね^^!」

なんて、、言える?


いや~~~~・・・・無理・・・かな^^;



  1. 日々の出来事など
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

授業参観で、おどろいたこと :: 2013/11/01(Fri)

昨日は、2号の授業参観&懇談会・・・から、1号中学校3者面談とういスケジュール。

二つの学校が近くて助かった



2号の授業参観で、びっくりしたことが・・・!


廊下に張り出されていた、「秋の短歌」。

紅葉だの、読書の秋だのを、短歌にするなかで。


2号の短歌は・・・↓↓↓


一生に 一度たべたい 松茸を
   七輪で焼き 口にほおばる




・・・・そこまで食べたいかっ

  1. こども
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。